子供に歯磨きって必要なの?

うちには6歳と3歳の子供がいます。毎食後歯磨きをするよう教えているわけですが、その時歯磨き粉をつけるのかつけないのかで迷ったことがありました。子供たちの父親は、基本的に歯磨き粉をつけない方です。匂いの強いものを食べた後などには歯磨き粉をつけるかなあ、という程度で、子供たちへの仕上げ磨きの時にも歯磨き粉はつけません。母親の方は自分が歯を磨くときには歯磨き粉を必ずつけます。子供への仕上げ磨きの時にはたと困りました。つけた方がすっきりする気がするけれど、つけなくてもいい派の父親は子供のころから特に虫歯が多いわけではないし、必要ないといえばないのかもしれない…と思ったのです。

歯磨き粉にはフッ素が配合されています。子供用もそうです。虫歯の予防に良いとされている成分ですね。これは歯磨きするときにはあって欲しい成分です。他には研磨剤、発泡剤がだいだい入っています。これは正直私は子供用歯磨きにはいらないかなと思いました。特に乳歯だけの子供には研磨剤は入らない気がします。乳歯は永久歯より柔らかくて削られやすいと言いますし。発泡剤も口の中が泡で見えづらくなるように思います。というわけで、子供には常に歯磨き粉は使わなくてもいいのではないかと思うようになりました。うちでは三歳の子が歯磨き粉を使うのは、匂いの強いものを食べた後か、食後の歯磨きができなかった次の歯磨きの時にしています。6歳の子は本人も結構上手に磨けるので、自分が歯磨き粉をつけたいときにはつけてもいいという風にしています。家でも毎回はつけたがりません。つけたりつけなかったり半々くらいでしょうか。歯磨き粉の味があまり好きではないようで、これは小さい頃から使い慣れていないせいなのかもしれません。
こんな風に我が家では歯磨き粉を使っています。今の所は子供たちには虫歯はないままで来られています。思うのは、歯磨き粉をつけるにせよ、つけないにせよ、とにかく丁寧に磨くことが大事なんだなということです。

コメント