赤ちゃんがミルクを飲みたがらない原因は?先輩ママの声で原因ハッキリ!

赤ちゃんがミルクを飲みたがらない・・・・困りますね。そんなときはどうしたよいのか!先輩ママたちの声からその原因がハッキリするはずです!

赤ちゃんがミルクを飲みたがらない原因とは?

赤ちゃんがミルクを飲まない原因は、一つに特定できるものではありません。

少なからず、赤ちゃん自身で飲みたくない理由や体の不調を訴えている可能性があります。

実際に子育てを体験した先輩ママたちの声にその答えがありそうです。

抱く向きを変えたら飲みました

赤ちゃんがなかなか母乳をうまく飲んでくれない、そんなときは赤ちゃんの抱っこの仕方をいろいろと変えてみました。助産師さんに教わったのですが、いつもの抱っこで飲まなかったら抱っこの向きを変えてみては?とのことでしたので横抱きだけでなく縦抱き、少し難易度が高かったのですがラグビー抱きなど、向きを工夫したらそれから割と飲んでくれるようになりました。私の場合は縦抱きがいちばん落ち着いて飲んでくれたように思います。
赤ちゃんの授乳対策 赤ちゃんが授乳してもなかなか飲んでくれないときってありますよね。そういう時は、ゆりかごのように赤ちゃんをゆらしたり、背中をたたいたりであやしてみたり、いったん哺乳瓶を近くまで持っていっておっぱいの上に哺乳瓶のミルクをちょっとかけてみたりしています。後は私も立ち上がって吸わせてみたり、四つん這いで赤ちゃんをクッションに寝かせてその上に四つ這いになったりして吸わせてみたりしてます。母乳は母親の食生活の影響を受けるので、健康的な食生活もかかせないですね。

おっぱいをすってくれないのは口呼吸が原因だった

わが息子はおっぱいを飲みたがらず、完全母乳を目指していたものの妥協して哺乳瓶でミルクをあげてみました。しかし、それも飲みたくないと泣く始末。飲めないと栄養不足になっちゃうと心配になりました。ある日息子の寝顔をのぞくと、なんだか口を開けて苦しそうに呼吸している。「もしや鼻の通りが悪いのかな」と疑い、耳鼻科を受診しました。案の定、鼻の穴が小さく軽く炎症ができていました。抗炎症薬を処方され、息子に飲ませると鼻呼吸できるようになりました。するとおっぱいも飲めるようになったのです。息子は鼻で呼吸ができなかったため、おっぱいをくわえると空気が吸えず苦しかったみたいです。授乳に悩むママさん、赤ちゃんの寝顔をよーく観察してみてください。何かヒントが見つかるかもです。

赤ちゃんがミルクを欲しがるまで待つ

“私がしていた対処法は、無理に飲ませようとするのではなく、赤ちゃんが飲みたくなるまで待つことです。
我が子も、しょっちゅう寝てばかりで、あまりミルクを飲みませんでした。初めは、私もミルクを飲ませないといけないと躍起になり、泣きながら、寝てしまった子どもを起こそうとしたり、口を開けさせようとしていました。けれど、上手くいきませんでした。そこで、飲まないものは飲まないと諦め、いつかは絶対にミルクを求めて子どもは泣くので、それまで待つようにしました。それからは、私も焦ることもなく気持ちの余裕を持つことができ、子どももしっかりミルクを飲んでくれるようになりました。

母乳に熱心な病院で出産

“母乳に力を入れている病院で出産しました。そのようなことから母乳について勉強する時間がありました。
母乳は自分が食べたものが母乳になるような話を聞きました。脂っこいものを食べたら母乳が不味くなるとか、赤ちゃんが受け付けないと聞いたことがあります。
そのようなことから食事は和食中心で、脂っこいは少し食べる程度にしたら赤ちゃんにも美味しい母乳を飲んでくれるかと思います。
飲んでくれない様な時はちょっと自分で搾乳してみて、ドロドロになっていたら脂っこい食事が多いとか確認してみたらいいかと思います。”

赤ちゃんの母乳の飲み方が悪い時の対処法

“これは私の妻から聞いた話で、実際に妻が子供たち2人にやってきた方法だそうです。お悩み中の方のお役に立てればと思い投稿します。
ものすごく簡単な方法なのですが、とても効果的だそうです。
それは、出来るだけ長時間睡眠させて起きたら一気に飲ませるそうです。赤ちゃんは寝る、飲むの繰り返しらしく、ストレスなくガッツリ睡眠できれば寝起きでもシッカリ飲んでくれるそうです。だから、睡眠中に私が赤ちゃんを起こしたりするとマジで怒っていましたw
まずはシッカリ眠らせてから飲ませる事をすると沢山飲みやすいそうですよ。”
真夏に生まれた娘、暑い時期に授乳を飲みたがらない時がありました。 “真夏に生まれた娘。その年は本当に酷暑で大変でした。
授乳しても飲まないことが多かったのですが、知り合いに聞きましたら「暑い時期は赤ちゃんも大変。ミルクも少し冷ますと飲みやすいよ」と言われました。
ミルクを冷ますなら母乳を冷やす・・とりあえず搾乳して少し冷やし飲ませることに。
すると気持ちよいのでしょうか。
思ったよりも飲んでくれました。
暑い時期には大人も食欲が減りますよね。
赤ちゃんも同じなのかもと思うと不思議でした。

ミルクを飲みたがらないときは、赤ちゃんをよく観察して!

“①便秘
赤ちゃんは腸の機能がまた整っていないので、一日に何回も便をします。何回も排便しているから大丈夫だろうと思っていると、突然赤ちゃんがミルクを飲みたがらないこともあります。空腹だと思われる時間にミルクを欲しがらなかったらお腹を触ってみてください。お腹が張っていませんか?宿便が溜まっているのかもしれません。まだよくわからないというママさんはすぐに小児科の医師に診てもらいましょう。触診で判断する医師もいれば、レントゲンで判断する医師もいます。いずれにせよ言葉を話せない赤ちゃんには苦しいはずです。「便秘で受診は恥ずかしい」なんて思わないでください。便秘は万病のもとです。浣腸などをしてくれるどっさりでるかもしれません。いずれ笑い話になるくらいがいいのです。恥ずかしがらずに受診しましょう。病院によっては、浣腸後にちゃんとミルクを飲めるか確認する病院もありますので、粉ミルクや授乳ケープなど一回飲める状態にしてから受診すると安心です。そして便秘の赤ちゃんに浣腸をすると何回かに分けて排便する赤ちゃんもいるのでオムツは少し多めに持っていくほうがいいですよ。赤ちゃんはずっと寝ているので起きている時間に軽く足を上げて下腹部を刺激すると排便を促せる効果もあるのでお腹を動かす遊びを日常生活で取り入れると改善されるかもしれません。
② 粉ミルクなどの吸い口が合っていない
今は様々な吸い口の哺乳瓶があります。月齢にあった吸い口を選択してあげることで哺乳瓶から飲みやすくなります。
③ 風邪などの体調不良
お熱はありませんか?赤ちゃんは、言葉が話せません。ご機嫌が悪かったら体調がわるいのかもしれません。熱はなくとも咳や鼻水だけの風邪の場合もあります。いつもとちょっと違うなという場合があったら小児科を受診しましょう。夏場に末梢(体の手足)だけ冷たいなんてことはありませんか。熱中症かもしれません。急いで病院に行きましょう。いつもと赤ちゃんの様子が違うなと思ったら、ミルクの飲んだ時間や飲んだ量がわかる場合は飲んだ量、検温した結果などを書いて病院を受診しましょう。排便の色がいつもと違う場合は、便も一緒に持っていくとスムーズですよ。

赤ちゃんも何かが違うなぁはママの観察がカギです。気楽に相談できる小児科を一つ見つけておくと、子育てではずいぶん楽になりますよ。

ミルクの温度

“母乳の場合はあまりないと思いますが、粉ミルクの場合としては、お腹がすいているようなのに飲まないという場合が時々あります。
その原因はお湯の温度であるようです。
熱すぎはもちろんだめなので、心配でぬるめのを上げたりするのですが、あまりにもぬるいと美味しくないので、飲むのを拒んだりするようです。
かと言って、いつも温度を計るのは大変なので一度調度いい温度を手のぬくもりで覚えておく必要があると思います。
赤ちゃんも、ピッタリの温度の美味しいミルクが好きなようです。”

おっぱいの味もその時々で違う

“授乳し始めてすぐ、赤ちゃんがなかなか飲んでくれないのは私の場合、味の問題のことが多かったようです。
特に、嫌がる授乳の日は、その前に食べたものがこってりしていたり甘かったりで赤ちゃんにとって美味しい母乳ではなかったのだと思います。和食を基本にしたご飯を続けるようにするとごくごく飲んでくれるようになったのです。大人にとっては、アイスクリームや揚げ物が食べたいときもあるので、授乳直後ならよし、として食べていました。
基本は、血液がさらさらになる食事にしてあげると赤ちゃんにとって美味しい母乳になるから良く飲んでくれるんです。”

赤ちゃんが飲みたがらない時の対処法

“うちの子は、新生児の時、ミルクを少量しか飲めず、50ccほど飲んでは吐いたり、拒絶したりというのを授乳の度に繰り返していました。
栄養もですが、水分の補給の面でも心配だったため、母乳や粉ミルクの合間に、味変の意味で、10ccほどのぬるま湯に砂糖を少し溶かした砂糖水を飲ませながら、少し様子を見つつミルクや母乳を飲ませていました。
それから少しして、沐浴や日光浴が出来る様になったので、
すごく強い直射日光はさけ、朝や夕方に日光浴をするようにし、お風呂にも気持ち長めに浸かるようにしたら、ミルクをよく飲むようになりました。”

足の裏をコショコショ

“赤ちゃんが、ミルクを飲んでいるうち気持ちよさそうに寝てしまうことがよくありますよね。
そのまま寝かせてあげたい気持ちもありますけど、絶対にミルクが足らずに起きてしまうことが分かりきっている時は、どうしたものかと悩みます。
試しに赤ちゃんの口から乳首を離してみても、まだそのまま乳首を追いかけてこないような場合は、足の裏をそっとコショコショしてみてください。
あくまで、優しくコショコショです。
我が家の子供は二人とも、「あ!おっぱい飲まなきゃ!」気付いたように慌ててまた飲み始めてくれました。”

こうしたら、赤ちゃんはおっぱいを飲んでくれる

授乳する時、赤ちゃんがおっぱいを飲んでくれない時というのは、赤ちゃんも人間だから必ずあります。無理に飲ませようとしても「嫌なものは嫌!」と言わんばかりに顔をそむけてしまう。そんな時のために、ママたちに良い方法を紹介しましょう。それは、赤ちゃんの体力を消耗させる方法です。「え?赤ちゃんだから歩いたり出来ないから体力を消耗させるなんてできないじゃん!」と思ったママさん、実は簡単に赤ちゃんの体力を消耗させる方法があるんです。まずは、おっぱいを飲みたがらない赤ちゃんを仰向けにして、赤ちゃんのお腹にママの顔を横に振りながら優しくこすり付けて「○○ちゃん、何でおっぱいにまないんですか~~(笑)」と優しく言ってあげましょう。お腹をこすられると赤ちゃんって笑うんですよ。笑うと当然体力を使います。赤ちゃんに言うセリフは何でもいいです。赤ちゃんのお腹にママの顔を優しくこすりつけるのがポイントです。30分もしてあげてください。沢山笑ってママと仲良くしてた赤ちゃんは、おっぱいをのんでくれますよ。あ、でも笑わせすぎて、赤ちゃんが息が出来なくなるのだけは注意してくださいね(笑)。

母乳を搾乳して飲ませていた

“私は出産予定日が1週間過ぎても、陣痛がこなくて促進剤を使って出産しましたが、帝王切開になりました。息子は2500グラムという小さな体でした。
入院中は、授乳しても1度も乳首に吸いつかずに困ってしまっていました。
病院の方で、母乳を搾乳して飲ませてくださいと指導されて、退院するまでずっと授乳するときは搾乳していました。
搾乳する時間と、授乳する時間がかかってしまって大変でした。
でも初乳を飲ませることができてよかったと、思っています。”

コメント