赤ちゃんはもちろん自分で歯磨きはできません。
なので大人がしっかりケアをいてあげることが大切です。
でも、何をどうしたらよいかなんて初めてのことだと何もわからないですよね?
私も初めは何をしたらよいのか全く分からず、でも自分自身虫歯には苦労させられたので子供には絶対そんな思いはさせたくないと思い、歯科衛生士さんに色々とお話をきいて勉強しました。
まず歯磨きを始める時期です。
歯の生えていない生後6か月ごろまでは唾液の効果で口の中は清潔に保たれています。
口の中に物を入れても嫌がらないように、ちょっとずつ赤ちゃんの口の周りや中を指で触れて慣れさせておくとよいそうです。
下の前歯が生え始めたら、水でぬらしたガーゼを指に巻き口の中をふき取るようにします。このころから赤ちゃん用の喉を突かない歯ブラシを持たせてもいいと思います。
上下の前歯が生えそろったら本格的な歯磨きの開始です。
おっぱいや哺乳瓶を加えることで上の前歯の後ろが虫歯になりやすいそうです。
なので、歯の後ろまでしっかり磨いて上げることが大切です。
しかし、毛先が広がるくらいの力で磨くと痛がって赤ちゃんも歯磨きを嫌がります。とても軽い力でやさしく細かく動かして磨いてあげましょう。
奥歯の生えてくる1歳ころからは、ママの足のあいだに頭を挟んで仰向けにして磨くとしっかり磨けます。
奥歯は溝が多く虫歯になりやすいので、歯ブラシを立てて先が当たるようにして溝までしっかり磨いてあげてください。
歯磨き粉はフッ素入りのジェルタイプのものを使用します。
甘い味付きのものも多く売られていますので、味が気に入って歯磨きが好きになってくれる子も多いそうです。
歯磨きの流れとしては、まず何もつけずに歯磨きをしてお茶もしくは白湯を飲ませます。
そのあとフッ素入りジェルをつけた歯ブラシで全体を軽く磨き、その後30分は何も飲まさずフッ素を流さないようにします。
フッ素入りのジェル歯磨き粉は1歳までは毛先にほんの少量、1歳以降は歯ブラシの1/4程度だけで大丈夫です。たっぷりつけすぎたり誤ってチューブごと吸ってしまうと、ごく稀にショック症状を起こしたりするそうなので気をつけましょう。
しっかり歯磨きできれば24時間はきれいな状態が保てるそうですが、赤ちゃんは嫌がったりきちんと歯磨きできないことが多いので、できれば1日3回磨くとよいです。
歯磨きは子供が自分でしっかりと磨ける小学生ころまでは大人がきちんと仕上げ磨きをしてあげることが大切です。
赤ちゃんは嫌がったりして大変なことも多いと思いますが、歯は一生ものなので小さいうちからしっかりとケアして大切にしてあげましょう。