赤ちゃんの歯磨き、嫌がる子供が多いので、わが子は大丈夫かな?いつ頃から始めればいいのかな?と不安なお母さんも多いのではないでしょうか。

赤ちゃんの歯磨きは、基本的には最初の歯、下の歯が生え始めたころからが望ましいでしょう。

この頃は自分の唾液で歯を綺麗にする作用があるので、そこまで徹底して神経質に行うことはありません。お母さんが神経質になると子どもも神経質になってしまうので、あくまでコミュニケーションの一環として行うのが良いと思います。

歯ブラシは、柄が太めで握りやすく短いもの。毛は柔らかめと表示されているものを選びます。

初めのうちは、歯ブラシというものに慣れることが大切なので、赤ちゃん用の歯ブラシを持たせて、ママが自分の歯磨きをしている姿を見せるのがおすすめです。「これ、今ママが持っているのと同じだね~。○○ちゃんもやってみる?」などと声掛けをして、ママもやっているのだから大丈夫という安心感を与えます。また、赤ちゃんはママの真似をしたがるもの。

見よう見まねでお口に入れることが出来るようになることもあります。その際は、歯ブラシで喉を突いたり危ないことがないように、しっかり見ておいてください。よく言われることですが、赤ちゃんのお気に入りのお人形も一緒に歯磨きというようにすると楽しんでやってくれる場合があります。

その場合、赤ちゃん本人がママにやってもらったのと同じようにお人形にやってあげたりすることが多いです。

そういった場面を見たらチャンスです。お人形もちゃんと賢く出来たね~偉いね~!○○ちゃんも出来るかな?と声を掛けてやる気を出すことも効果的です。我が家もこのように、初めは遊びの延長で始めました。歯磨き粉については、大人用のように刺激のないものがドラッグストアなどでも購入できます。赤ちゃんの好きな味で試してみたら良いと思います。

赤ちゃんは歯磨き粉なしで軽いブラッシングだけで虫歯を防ぐことができるので、歯磨き粉を嫌がる子には無理に使わせなくても大丈夫です。ある程度歯磨きに慣れてきたら、大事なのは仕上げ磨きです。子どもはいくら自分で磨けているように見えても歯の裏や奥歯などはきちんと磨けていないことが多いものです。当分の間は、きちんと大人が仕上げ磨きをして口の中を清潔に保つようにしましょう。

歯の保ち方が永久歯の生え方にも影響すると言われているようなので、できるだけ乳歯の間に虫歯になったりしないように、気をつけたいですね。